お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




通貨・両替・チップページトップへ>

通貨・両替・チップ
通貨

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】
コンベルティビルナ・マルカKM

【モンテネグロ】
通貨単位はユーロ(€)、補助通貨単位はセント(¢)。それぞれのモンテネグロ語読みは「エウロ」と「ツェント」となる。€1=100セント=約109円(2011年1月現在)。紙幣の種類は5、10、20、50、100、200、500ユーロ。硬貨の種類は1、2、5、10、20、50セント、1、2ユーロ。
モンテネグロではユーロが流通しているが、正式な加盟国ではないので、国独自のデザインが施された硬貨は存在しない。


気候・服装ページトップへ>

気候・服装
気候

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】
国土はおおよそ三角形の形をしており、南部には海抜高度2,000mを超える山地が多い。アドリア海に沿ってディナル・アルプス(Dinaric Alps)などが伸びており、国土の南西部は石灰岩によるカルスト地形で乾燥している。アドリア海に面して海岸線が20km程伸びているが、港町のネウムに大きな港はない。国土の北部をサバ川、南部をネレドバ川が流れている。気候は、北部・ボスニアのサバ川流域を中心に大陸性気候、南部・ヘルツェゴビナのネレドバ川河口部が地中海性気候となっている。ボスニアは概して温暖だが冬は非常に寒く、一方のヘルツェゴビナ(特に石灰岩地帯)は10月~1月の冬場にかけて雨が多く夏が非常に暑い。

【モンテネグロ】
モンテネグロは地中海性気候に属しており、夏期は温暖で降雨量が少なく、冬期は雨量が多くなる。山間部では夏でも夜の冷え込みが厳しいので、服装には注意。長袖のシャツを1枚用意しておくとよいだろう。旅行シーズンは4~10月。特に7・8月はヨーロッパから数多くのリゾート客が訪れる。

時差

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】-8時間
【モンテネグロ】-8時間


基本情報ページトップへ>

基本情報
 
首  都 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】サラエボ
【モンテネグロ】ポドゴリツァ
面  積 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】約5万1126km2(北海道の5分の3)
【モンテネグロ】1万3812km2(福島県とほぼ同じ)
人  口 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】384万3000人
【モンテネグロ】162万人
言  語 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】ボスニア語、セルビア語、クロアチア語
【モンテネグロ】モンテネグロ語
民  族 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】ムスリム人、セルビア人、クロアチア人
【モンテネグロ】モンテネグロ人40%、セルビア人30%、モスレム人(イスラム教徒)9%、アルバニア人7%など
宗  教 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】イスラム教、セルビア正教、カトリック
【モンテネグロ】セルビア正教が約70%、他にイスラム教、ローマ・カトリックなど
電  圧 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】230V
【モンテネグロ】230V
周波数 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】50Hz
【モンテネグロ】50Hz
プラグタイプ 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】2本足のCタイプが一般的
【モンテネグロ】2本足のCタイプが一般的